IGF-1とDHTの関係

IGF-1とDHTの関係とは?

男性の薄毛の95%は、

 

AGAのメカニズムにより起こっていると言われています。

 

そんなAGAのメカニズムですが、

 

非常に複雑で100%解明されているわけではないそうです。

 

ですが、判明しているところもあります。なので、ここでは今の時点で

 

判明していることを管理人の理解の範囲でお伝えしたいと思います。

 

 

薄毛が起こる為に必要な3つの要素

 

既にご存知の方もいると思いますが、

 

AGAが起こるきっかけを作るのは男性ホルモンDHT(以下DHT)です。

 

ですが、薄毛になるか否かはDHTの量は関係ありません。

 

たくさん増えても薄毛にならない人はなりませんし、少なくても

 

AGAが起こって薄毛になる人はなるんですね。

 

では薄毛になるかならないかを決めるものは何なのかというと

 

それは遺伝です。

 

そしてAGAが起こるには以下の3要素が揃っている必要があるんです。

 

@男性ホルモンDHT

 

A男性ホルモン受容体

 

B遺伝

 

 

なぜ後頭部と側頭部は薄毛にならないの?

 

「なぜ後頭部と側頭部は薄毛にならないの?」

 

と言う疑問を持つ方って意外に多いのではないでしょうか?

 

実は答えは簡単で、

 

「後頭部と側頭部には男性ホルモン受容体が存在しないから」です

 

なので、男性ホルモンDHTの影響を受けないのでAGAは起こらないんですね。

 

一方、前頭部と頭頂部には男性ホルモン受容体が存在します。

 

なので、男性ホルモン受容体がDHTの影響を受ける可能性があるので

 

AGAが起こる可能性があります。もちろん、薄毛になるかならないかの

 

運命の分かれ道は遺伝子の作用で決まりますが。

 

 

薄毛のメカニズムとIGF-1とDHTの関係

 

AGAは、通常の男性ホルモンが毛乳頭に存在する5αリダクターゼ

 

という酵素と結びつくとことで

 

悪玉の男性ホルモンDHTに変換させられるところから始まります。

 

そして、このDHTを男性ホルモン受容体が受け取り遺伝子に作用した結果

 

@成長因子「IGF-1」が増える人と

 

A脱毛因子「TGF-β-1」が増える人

 

に分かれるんですね。

 

これは男性ホルモン受容体のDHTに対する感受性の高い低いで

 

決まってしまいます。

 

感受性の高い人は脱毛因子が増え、

 

成長因子の量を凌駕してしまうので薄毛になります。

 

逆に感受性が低い人は脱毛因子の量より成長因子の量が

 

勝ってしまうので薄毛になりません。

 

 

そして、この感受性の問題は、親から受け継いだ遺伝により

 

決まってしまうんですね。

 

 

さて、ここまで読んでくれたアナタなら、薄毛になるメカニズムが

 

なんとなく理解できたのではないでしょうか?

 

 

要するにAGAというのは、脱毛因子の量が成長因子の量を

 

上回ってしまう症状なんだなと。だから薄毛になるんだ。

 

だったらAGAの対策って非常にシンプルですよね?

 

 

@AGAの先駆けとなる男性ホルモンDHTを増やさない事

 

A脱毛因子「TGF-β-1」を減らすこと

 

B成長因子「IGF-1」を増やすこと

 

 

脱毛因子の量を成長因子の量が上回るようにすれば

 

AGAの進行は止まり回復へと向かうのではないでしょうか。