TGF-β1を抑制

TGF-β1は抑制したほうが良いのか?

 

AGA対策においてTGF-β1は抑制したほうが良いのか?

 

という疑問を持つ方もいますよね?

 

結論から言うと

 

「TGF-β1を抑制したほうが薄毛が回復しやすいので

 

出来る方はやったほうが良い。」というのが正解です。

 

 

さて、TGF-β1って漠然と聞いたことがあるけど一体何なの?

 

という方もいますよね?

 

そんな方の為にまず薄毛になるメカニズムについて簡単に

 

おさらいしようと思います。

 

 

まず、通常の男性ホルモンがU型の5αリダクターゼ酵素と結合し

 

男性ホルモンDHTに変換させられる所からAGAは始まります。

 

そして、このDHTを受容体が受け取り、遺伝子の作用により

 

脱毛因子TGF-β1が増える男性はハゲになり、

 

逆に遺伝子の作用で成長因子IGF-1が増える男性はハゲになるんですね。

 

 

要するに、薄毛の遺伝子を承継し、今まさにAGAの症状が

 

出ている男性は、成長因子が少なく、脱毛因子TGF-β1が

 

たくさんある状態なのです。

 

そして、このTGF-β1が発する「脱毛シグナル」が髪の成長を停止させ

 

抜け毛、薄毛に導くということ。

 

 

ここまで見ると、このTGF-β1が男性型脱毛症のラスボス的存在だと

 

ご理解頂けたのではないでしょうか?

 

また、実際にAGA対策している方の中には

 

5αリダクターゼ酵素を抑制しただけではAGAの解決にならない

 

という事が理解できたと思うんですね。

 

 

そうです、AGA対策で成功している方は

 

AGAのきっかけとなる5αリダクターゼを抑え、男性ホルモンDHTを増やさない

 

対策をしつつ、TGF-β1を抑え、かつ、成長因子を増やす対策をしているのです。