成長因子と脱毛因子

優先すべきはどちら?成長因子と脱毛因子対策!

理想的なAGA対策は全部やることだと思います。

 

そう、薄毛のメカニズムの上にある誘発要因を

 

全部攻める対策を同時にすることです。これが1番。

 

 

例えば、以下のような対策がありますよね?

 

@5αリダクターゼ対策

 

⇒AGA発症のきっかけを作る男性ホルモンDHTを作らせない

 

A脱毛因子対策

 

⇒男性ホルモンDHTがきっかけで増える脱毛因子を抑える

 

B成長因子対策

 

⇒髪の成長に不可欠な成長因子を増やす

 

 

AGAというのは僕の理解だと、

 

脱毛因子の量が成長因子の量を上回った状態を言うのだから

 

@からBの対策全部を取り入れればかなり回復傾向に

 

向うのではと考えています。

 

ですが、金銭的な理由で全てを取り入れることは難しい

 

という方もいるのではないでしょうか?

 

僕も金銭的な理由で全部は取り入れていません。

 

なので、悩みました。

 

 

まず、@の5αリダクターゼ対策は絶対に外せません。

 

なぜなら、5αリダクターゼ対策を外すと、成長因子対策も

 

脱毛因子対策の効果が半減するからです。

 

AGA対策の要となる部分、これをやるのとやらぬとでは

 

1年後の頭髪状態に雲泥の差が出るとまで言われているくらいですから。

 

それに、AGAの先駆けとなるものですから、

 

できるだけ量は減らしておきたいです。

 

 

で、肝心なのは成長因子と脱毛因子対策!

 

どっちも重要ですが、あえて外すなら脱毛因子対策でしょう。

 

僕は脱毛因子対策を外しました。

 

 

なぜなら、脱毛因子対策を頑張れば高度なAGA対策が

 

期待できますが、発毛効果は期待できません。

 

ですが、成長因子対策を頑張れば、増え続ける脱毛因子の量を

 

なんとか上回ることができるかもしれないからです。

 

 

先程も言いましたが、

 

AGAというのは脱毛因子の量が成長因子を上回った

 

状態を言いますよね?

 

なので、脱毛因子の量を成長因子が凌駕するくらい頑張れば

 

回復傾向に向かうのではないかと思いました。

 

 

 

実際、僕は脱毛因子対策まで手が回らなかったので

 

5αリダクターゼ対策と成長因子の活性化に注力を注ぎました。

 

アイテムはリアップx5プラスとダブルインパクトという

 

サプリメントを活用し、成長因子対策を外からと体の中からの

 

両方からやったのです。

 

脱毛因子対策はやっていませんが、成長因子対策を頑張れば

 

それなりに効果が出るのだと自分の育毛経験から知ることができました。